Wリングノートとは?

###Site Name###

Wリングノート(ダブルリングノート)とはノートの製本方法の一つです。

ノートの真ん中に、折り曲げた、くし状のワイヤーがあり、このワイヤーは紙に開けられた穴に通されています。

好きなところからノートのページを折り返せて半分のサイズになるので便利です。

iemoに関する情報をすばやく探せます。

一般的なWリングノートには、メリットとデメリットがあります。


Wリングノートのデメリットとしては、ルーズリーフのように途中のページから紙を外したり、追加したりはできません。
また無線綴じや糸綴じにくらべるとコストがかかるので、高価になりがちです。

ワイヤーでしっかり紙が綴じられているため、廃棄の際、このワイヤー部分と表紙部分を分解する作業が面倒です。Wリングノートのメリットとしては、平らに書けること、途中からページを破いてもほかのページに影響がないことがあげられます。


しかし、最近発売された製品では、途中から紙を自由に増減することも可能なノートが出てきました。



これは、ルーズリーフとWリングノートの良いところを合わせた製品です。

また、真ん中のワイヤーが気になるという方もいると思います。

サインディスプレイの最新情報ならこちらを参考にしてください。

例えば、リングが手に当たって痛いですとか、2冊同時に持ち歩いているとリング同士が絡む、ページの端まで書く事ができないなどです。

こういったことに悩む方のために、金属製のリングではなく、やわらかい樹脂でできたものもあります。

文具メーカー各社から新製品が発売されているので、気になる方はぜひ文房具店の店頭で実際に手に取って見てみてください。